10月例会 『持続可能な大館の実現に向けてSDGsで豊かな未来を目指そう!』を開催しました

 10/26(月)大館市有浦のプラザ杉の子において大館青年会議所10月例会を開催しました。今、国内外のビジネストレンドとして注目を集めるSDGs。そのSDGsを身近なものと感じることで、仕事や地域の活動に生かし、まちの活性化につなげようとの思いから、今回大館市を拠点とする2つの青年団体と合同交流事業として開催しました。
 当日は講師として一般社団法人秋田県SDGs協会の皆様をお招きし、SDGsがいかにこれから大切か、また中小企業こそSDGsに取り組むことが大きなメリットとなることを説明していただきました。そのあと実際にカードゲームを使って、決められたお題に沿ってどのような解決策があるのかをグループワーク形式で話し合いました。
 参加者は想像力を駆使して様々なアイディアを出し合い、持続可能な解決策とは何かをつかむヒントを得ることができました。今回それぞれの団体の垣根を越えて協力しあったことを契機に、さらに大館をより豊かにする運動を広げていきたいと思います。
 ご参加いただいた大館商工会議所青年部様、北秋商工会青年部様、並びに講師を務めていただきました秋田県SDGs協会様に心より感謝申し上げます。※弘前市で発生した新型コロナウィルスクラスターを受けて、当日はマスク着用・消毒液、体温測定など可能な限りの感染症対策を講じて開催しましたことを付記致します。